パフ★シネマ

レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーなどのセクシャルマイノリティ(LGBT・同性愛者・両性愛者)などに関する映画を中心に、早稲田のパフスペースで開催する映画上映会。それがパフシネマ。

BLOGTOP » CATEGORY … パフシネマとは。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フツーに生きてるGAYの日常」にてトーク映像、続々公開中。


 「パフ★シネマ」のカテゴリーを御覧ください。→こちらから。

スポンサーサイト

『一緒ネ!!』監督や観客インタビューが「ドルフィンコール」で配信!


 11月23日(祝)に満員御礼となりました『一緒ネ!』の上映。

 「同性カップルと家族」というテーマで行われたトークの終了後、「ドルフィンコール」というサイトを運営されている方から、名取たいすけ監督や、観客の方々への音声でのインタビューが行われました。会場の熱気や上映直後の観客の皆さんのホットな感想が記録されています。こちらのリンクから聴くことが出来ますのでぜひ!

ドルフィンコール『第1回目配信』

 サイト「ドルフィンコール」さんでは「LGBTイベントに参加し参加者の生の声を拾いあげること。
直の声を配信することでイベントに参加することに躊躇しているセクシュアルマイノリティへの背中を押すこと」と、「LGBTと関わりの少ないストレートに対する啓発・気づきを与えることも狙いの一つ」として、今後も各所で取材が行われるそうです。

 ぜひぜひ、またパフ★シネマにもよろしくお願いします!

★『一緒ネ!』は今後、アンコール上映を行う予定です。詳細は決まり次第、こちらで発表させていただきます。

作品情報はこちら。

パフシネマスタート!

 10月31日スタート。
パフスペースを拠点に開催される映画上映シリーズ「パフ★シネマ」の情報や感想を共有する公式サイトです。

【パフシネマ開催概要】
 早稲田にあるパフスペース。
http://www.pafspace.com/

 セクシュアル・マイノリティとその友人たちが集って交流し、主体的な表現を発信する場として様々なイベントや講座が開催され、機能してきました。

 そこを拠点に開催する新しい映画上映シリーズが「パフシネマ」。セクシュアル・マイノリティに関連する様々な映像を、制作者や出演者のトークを織り交ぜながら上映し、映画をきっかけにして新たな出会いと交流の場を生み出そうという企画です。適正キャパ30~50人で、靴を脱いで寛げるフローリングの床が特色のパフスペースだからこそ醸し出される「親密さ」と「気取りの無さ」を活かしながら、月に1~2度のペースで定期的に開催する予定です。

●イベント名「パフシネマ」

●開催頻度
月に1~2度。半年に一度くらいのペースで集中上映期間も設ける。

●入場料
1000~1200円

●開催目的:
1・セクシュアル・マイノリティ関連映画の上映機会を増やし、制作側と観客側、双方を活性化させる「きっかけ」作り。・・・映画とは、セクシュアリティやジェンダー等の垣根を越え、人々を出会わせ結びつける「力」があるもの。さまざまな作品を上映することで幅広い新たな観客層を掘り起こし、出会っていきたい。

2・パフスペースの存続と経営安定化。・・・現在、赤字突入ギリギリのラインで経営されているパフスペースを救済。来年4月からの家賃値上がりと体制の変化という経営危機に備え、観客動員が安定して見込める映画上映会の開催頻度を増やすことによってスペースレンタル料を確実に創り出し、納めることによって存続を図る。

3・「アートとフェミニズムが交差する空間」であるPA/F SPACEで、実験的創造活動やセクシュアルマイノリティをはじめ、自分らしく生きることを実践するための行動を応援する場を創造する。


●主催者
浜田幹子(パフスペース管理人)
akaboshi(映像作家/パフナイトスタッフ/ブログ「フツーに生きてるGAYの日常」管理人)

■akaboshi制作映像略歴
2007年 『No Border ~世界のLGBTからのメッセージ』(尾辻かな子さんとの共同監督)
 →第16回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭2007上映
2009年 『竜超の現代狂養講座 同性愛とテレビジョン』
 →第18回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭2009レインボーリール・コンペティション上映
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。