パフ★シネマ

レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーなどのセクシャルマイノリティ(LGBT・同性愛者・両性愛者)などに関する映画を中心に、早稲田のパフスペースで開催する映画上映会。それがパフシネマ。

BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 10月31日(土)16:00●『ディア・ターリ』(山上千恵子監督)BLOGTOP » 上映終了作品 » TITLE … 10月31日(土)16:00●『ディア・ターリ』(山上千恵子監督)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月31日(土)16:00●『ディア・ターリ』(山上千恵子監督)


●「ディア ターリ」 
監督 山上千恵子 (日本) 42分 2000年
わたしを生きるためにセクシュアリティーを問い続けるパフォーマー、イトー・ターリに作者の思いを重ねたドキュメンタリー。

【上映後トーク+映像上映イベント】 
イトー・ターリさん、山上千恵子監督
・・・映画制作時の裏話をはじめ、イトー・ターリさんのパフォーマンス・アーティストとしての思考や表現方法の変遷を、貴重な記録映像の数々を見ながら振り返ります。アートやパフォーマンス・アート、芸術表現に興味のある方、必見です。

■イトー・ターリさん(パフォーマンス・アーティスト)
・・・1973年から身体表現の関わり始め、1982から1986年にオランダに滞在した後から、パフォーマンスアートに移行した。東京をベースに、国際パフォーマンスフェスティバル、国際美術展に多数参加し、またギャラリーでの個展も行ってきている。ゴム、鉄板、鏡、アルミなどの素材を駆使し、ビデオ、CG映像なども折り混ぜて行われる行為は、身体、セシュアリティなどをテーマとするマルチメディアパフォーマンスである。
イトー・ターリ公式サイト

■山上千恵子監督(ドキュメンタリー映像作家)
・・・1980年から一貫して女たちの活動の記録を撮る。1999年 WORK-INN設立。
「中絶・からだ編・こころ編」(90)「Dear tari」(2001.ソウル女性映画祭アジアンコンペティション観客賞)など作品多数制作。女性のためのビデオ講座、海外ビデオの日本語版制作など行う。
2002年から女たちの映像祭・大阪のフェスティバルディレクターを務める。

10月31日(土)開場:15:30/上映スタート:16:00
会費:1200円※予約は不要。お気軽にお越しください。
会場:パフスペース
http://www.pafspace.com/
…東京メトロ東西線早稲田駅下車、馬場下口(2or3b)より2分
 馬場下町交差点を文学部の方向(左)に曲がり3軒目のビル。
■地図はこちら。
http://www.pafspace.com/riyou/riyou-3.html
TEL&FAX:03-5991-6117(浜田)


■『ディア ターリ』は年末~年始にアンコール上映を予定。詳細は決まり次第、発表します。

■上映後のトークの模様です。ネタバレではありませんので、映画を未見の方も安心して御覧ください。


★再生中にカーソルを画面上に持って行くと小画面が出てきて、同PLAYLISTの全ての映像を選択して視聴することが出来ます。
パフ★シネマ『ディア ターリ』上映後トーク



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。