パフ★シネマ

レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーなどのセクシャルマイノリティ(LGBT・同性愛者・両性愛者)などに関する映画を中心に、早稲田のパフスペースで開催する映画上映会。それがパフシネマ。

BLOGTOP » スポンサー広告 » TITLE … 11月3日(祝)16:00●『♀RoTiCiSm』+『越境する女たち』BLOGTOP » 上映終了作品 » TITLE … 11月3日(祝)16:00●『♀RoTiCiSm』+『越境する女たち』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月3日(祝)16:00●『♀RoTiCiSm』+『越境する女たち』


 『♀RoTiCiSm(エロティーズム)』(監督:リム デズリ 2001年/8分)
 『越境する女たち ~ビデオドキュメント~』(監督:リム デズリ 2001年/85分)


『♀RoTiCiSm(エロティーズム)』
監督:リム・デズリ(2001年/日本/8分)

・・・「女性のエロティシズム」が濃厚に漂ってくる映像を、女性たち自らが主体的に制作した作品。「セクシュアリティを言葉と映像で紡ぎ出す、レズビアン・ポエティック・ムービー」。

上映歴:2001年 越境する女たち21展/2002年 大阪女性映画祭/2003年 イスラエルレズビアン&ゲイ映画祭/2004年 香港レズビアン&ゲイ映画祭
 
『越境する女たち』
監督:リム・デズリ(2001年/日本/ビデオ 85分)

 ・・・2000年に「女性が表現する」というキーワードで集まった女性たちによる展覧会『越境する女たち21展』。その準備から当日の展示風景、参加者の生活などを克明に記録。

 アートの世界において「アーティスト」と言えば自動的に「男性」とみなされ、女性にはわざわざ「女性アーティスト」と呼ばれる現状。その事実を、こうした試みによって「問い返そう」という狙いがあったようですが、ただでさえアーティストというのは多種多様なセンスや思想を各個人が強烈に持っている人たちであり、実行委員として準備段階から関わった人たちは、さまざまな「衝突」とも向き合うことになります。その様子が垣間見られることも、この映像の魅力です。
 
 なお今回の「パフ★シネマ」では、当時この展覧会の実行委員だったイトー・ターリさん高橋フミコさん(両人ともパフォーマンス・アーティスト)、そして出展者の1人として関わった北原みのりさんLOVE PIECE CLUB)をお迎えし、映像を見た後で、「あの試みとは何だったのか」を振り返って語ってもらおうと思います。

 特に北原さんは、当初予定していた「セルフヌード・プロジェクト」が中止になる事態を経験されたということで、「今だから語れること」を伺ってみようと思います。

 過去がパッケージされた映画をスクリーンで見ることで、現在の視点から読み返す「パフ★シネマ」。ぜひご来場ください!

11月3日(祝)開場:15:30/上映スタート:16:00
会費:1200円※予約は不要。お気軽にお越しください。
会場:パフスペース
…東京メトロ東西線早稲田駅下車、馬場下口(2or3b)より2分
 馬場下町交差点を文学部の方向(左)に曲がり3軒目のビル。
地図はこちら。
TEL&FAX:03-5991-6117(浜田)


■リム・デズリ監督プロフィール


●リム・デズリ Desiree Lim
・・・マレーシア生まれ、チャイニーズ二世。日本在住13年目。上智大学新聞学科卒、元テレビ朝日勤務。日本国籍をはじめ、剣道4段、居合道3段をもつ。日本語はもとより、英語、北京語、広東語、マレー語を操る、国境知れずのフシギ・マルチ・チャンポン人間。サンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨーク、トリノ、マドリッドなど欧米のレズビアン&ゲイ映画祭を中心に映像作品を発表し続ける。2002年よりカナダへ移住して4年滞在後、2006年日本(一時?)帰国。
 01年、テレビ朝日全国放送で自らレズビアンとしてカミングアウトして、長編『シュガー・スイート』を発表。最新長編作『FLOORED BY LOVE』は北米でも珍しい、アジア、混血マルチ文化の主人公たちを登場させたテレビドラマで、カナダ全国テレビにてプライムタイム放映を果たす。2007年の東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で日本プレミア上映。

■上映後のトークの模様です。


★再生中にカーソルを画面上に持って行くと小画面が出てきて、同PLAYLISTの全ての映像を選択して視聴することが出来ます。
パフ★シネマ「越境する女たち」上映後トーク



*** COMMENT ***

COMMENT投稿

管理者だけに読んでもらう (非公開コメント投稿可能)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。